私の人生の友<バイク>との関わりやバイク愛好家との交流
”YOUさんのバイクライフ” クロスカブ+カブ90
Rキャンプ第3弾:岩手・碁石海岸キャンプ場 その②
2017-07-24-Mon  CATEGORY: クロスカブ110
Rキャンプ第3弾;岩手・碁石海岸キャンプ場 ②

7月19日(水) 
今回は特別に乗り入れOK! フリーサイトへとクロス君と入って行く。


DSC04110.jpg
(キャンプ場見取図) *ペットは禁止ですね。

DSC04095.jpg
芝ではなく、草原の感じですね。どこにしようかな

DSC04094.jpg

DSC04112.jpg
炊事場とトイレの近くに決定し、設営しました。時間が早いので散策開始!



DSC04111.jpg
キャンプ場と遊歩道をはさんですぐ海岸です。海岸といってもリアス式海岸の侵食による断崖であります。

DSC04109.jpg

DSC04105.jpg

DSC04104.jpg


DSC04107.jpg

DSC04098.jpg

DSC04097.jpg
遊覧船が出ており、間近かで見れます。

DSC04102.jpg

DSC04099.jpg
(オートサイト)

3時のおやつタイム  お湯を沸かしてコーヒーとパンをいただく。


DSC04113.jpg

DSC04114.jpg

今回から導入したテーブルは正解でした。広いし高さもいい。

DSC04115.jpg

シャワーを浴びてさっぱりします。 あ、料金ですがフリーサイト:2000円(管理費500円+一張り1500円/シャワー代含) 少々お高い!? 

DSC04101.jpg

DSC04100.jpg

ソープ・シャンプーは無く、衣類用のカゴだけ。
6時頃夕食です。温めなくて済む 助六寿司に大学いも(中華いも?)と味噌汁。


DSC04118.jpg

DSC04119.jpg

DSC04117.jpg

♬ この広い 野原いっぱい~(^^♪ って、誰も来ない、誰もいないおれ一人~!!
気を遣わずいいが、何とも淋しいっていうか不気味でさえ。ひとりぼっちの長い夜になるなあ!

7時近く遠くからエンジン音が近づいてくる。 おぉ♪(ノ)’∀`(ヾ) ツーリングライダーの登場!


DSC04121.jpg

BMW R1200RT 氏    今日は新潟からやってきたという、
DSC04120.jpg
 
リフレッシュ休暇で1週間の休みとか。神戸からの旅二日目らしいです。
同年代で話し好きの方で、なんと!ヘッドランプを付けてのバイク談議が続いた~。
テントに入ったのは11時過ぎだった。お陰で楽しくすごせたね~。


7月20日(木)  
5:30 起床 BMW氏は昨夜はアルコールも入りまだお休み。朝食にすることに
コーヒーとコロッケパン。 早々に片付け開始~。そこへ珍客が!


DSC04122_1.jpg

茂みの中から 鹿 が! 自分に気づいてこちらをシカと見てる。 手招きしてみたがシカトして走り去った。

DSC04123_LI.jpg

撤収を終えた頃、氏も起きてきた。

DSC04124.jpg

「またどこかで会いましょう!」とお互いに別れを告げ帰路へ。
スポンサーサイト
コメント8
Rキャンプ第3弾/岩手県碁石海岸キャンプ場
2017-07-22-Sat  CATEGORY: クロスカブ110
Rキャンプ第3弾/岩手県碁石海岸キャンプ場
7月19日(水)・20日(木)


2017-07-21.png

今年3月の”冬の三陸1泊旅”の帰路に立ち寄りチェックしており、キャンプしたいと思っていた所でした。
昨日ほとんど積載準備してあったクロス君にまたがり、8時30分に出撃~!!
[ガチャガチャ]
途中いつもの道の駅で小休止。5月のロングツーで城巡りをし甲冑をいっぱい見てきたせいか、こんな物に目がとまる。

DSC04079.jpg

300円投入!  ガチャコロリン~  毛利元就  
ん~、ここは真田幸村か伊達正宗が欲しいところじゃが~、
もう一度、ガチコロリン~  伊達正宗公じゃ! ちなみに今年は正宗公生誕450年なのじゃよ!
これ以上の資金投入は断念した。(左:毛利元就・右:伊達正宗)

DSC04131.jpg


近道の峠道を行く。予想される暑さに対処して上下メッシュ、アンダーウエアも同様の出で立ちだったのですよ。
DSC04080.jpg

あれ、行く手の空が   
DSC04081.jpg

{{ (>_<) }} さぶい~! 道路の気温表示では21℃  そりやそうだべ
下って里に近ずくあたりには26℃にはなったがね。



K-port



気仙沼市(けせんぬまし)は4ヶ月振り、ここにくれば立ち寄るのはこの店ですね~。


DSC04082.jpg

k-port.jpg

DSC04084.jpg

11時からのランチタイムには少し早かったが、対応していただいた。
ピザランチ 980円

DSC04085.jpg

先日例の件で記者会見した謙さんですが、その後渡米したようです。入り口には直筆ファックスが掲示しております。毎日欠かさずどこにいても送っているとのことです。私自身これからも俳優 渡辺謙のファンには変わりありません!
ちょうどフェリーが入って来たね。

DSC04088.jpg


陸前高田で満タン! 
DSC04090.jpg

異音スーパーで食料を購入。今回もというか、はなっから料理するつもりはないので。
碁石海岸キャンプ場

DSC04092.jpg

13:30  キャンプ場とおちゃこ!
DSC04093.jpg


今回もある出来事が~!!    つづくのことアルよ!







コメント6
Rキャンプ第2弾:秋田小安峡/とことん山 ②
2017-06-28-Wed  CATEGORY: クロスカブ110
Rキャンプ第2弾:秋田小安峡/とことん山 ②

6月24日(土)  

夜明けが早いですね~。4時には明るい、そんなんで5時前に起床。普段はそんな早起きしたことない!(笑)


DSC04027.jpg

腹が減ってるので湯を沸かし、夜明けのヌードル。

DSC04028.jpg

DSC04023.jpg
 
撤収を完了し、9時頃出発する。帰路は別ルートで山越えし、鳴子温泉経由で帰ることに。

DSC00637_20170627160044216.jpg

DSC00635.jpg

DSC00490.jpg

DSC04029.jpg

川原毛地獄>  この下にも駐車スペースがあるが、硫黄の臭いがすごいので上に止めた。坂道の上から撮影する。

DSC04030.jpg

草木一本生えないところだ!遊歩道があり奥へ行くと温泉があるらしいがいったことはないね。
 

DSC00613.jpg

途中で昼飯を食べ、早目に帰宅。 次のキャンプ場は何処に行こうかな?






コメント4
Rキャンプ第2弾:秋田小安峡/とことん山
2017-06-27-Tue  CATEGORY: クロスカブ110
Rキャンプ第2弾:秋田・小安峡/とことん山



DSC03994.jpg

6月23日(金)  9:30 ワシさん宅に到着! 結局、ワシさんはセロー250ではなくタウンメイト80で行くようです。目的地の<とことん山キャンプ場>はのんびり行っても4時間ほどで行ける距離で、既に何度も行っているワシさんが案内役。途中の町で食料調達しました。

DSC03998.jpg

DSC03997.jpg

DSC03995.jpg

DSC03996.jpg

DSC03999.jpg

11:30  道の駅:路田里はなやま 

スタンプ押しは忘れませんよ! 早めの昼食はもりそばです。この先は原付バイクには厳しく険しい<花山峠>を越えて秋田県いりする。登りのキツイ場面では、2~3速を使い30~40キロでドコドコ登っていく。


DSC04014.jpg


DSC04024.jpg

13:30  キャンプ場とおちゃこ~! 慣れてるワシさんが管理棟で手続き。一人720円也よ~露天風呂代も入ってだからね!

DSC04000.jpg

DSC04001.jpg

DSC04025.jpg

早速、マイハウスを設営。それから<小安峡/おやすきょう>の散策へ。

DSC04002.jpg

DSC04003.jpg

DSC04004.jpg

長い階段を谷底へ下りてくく感じだね。やがて小川が見えてきた  見上げるほど高い岩山から滝も




DSC04005.jpg
 
遊歩道を上流へ歩いていくほど小川の流れがお湯になっているぞ!

DSC04006.jpg

DSC04008.jpg

それもそのはず、岩盤の隙間から大量の熱湯が噴出してるのだ。これが<大墳湯>なのだぁ!!一か所だけ歩道を遮るように真横にスチーム状に噴出している。”ジュワア~ゴウ~っッ”  凄い、感動した!

DSC04009.jpg

DSC04011_201706271547240d4.jpg

DSC04013.jpg
 
感動したのもつかの間、帰りは長~い登り階段をヘロヘロになって帰るオヤジジイ二人であった!(笑) 汗をかいた後は、温泉あり露天風呂へ直行する。

DSC04015.jpg

DSC04016.jpg



入ってすぐの屋内風呂はかなり熱め、その下に二つの露天がありこっちはぬるめだ。

DSC04017.jpg

それから吊り橋を渡り、バンガロー・コテージ・ツリーハウスのあるエリアへ行く。

DSC04019.jpg

DSC04020.jpg

DSC04022.jpg

DSC04021.jpg

自然豊かで鳥のさえずりや蝉の声もする。いいところだね~次はこっちも泊まってみたいね。さてそろそろ我が家に戻り夕食だね。多くのキャンパーはここでクッキング写真やらお酒乾杯やらをされますが、我々は一切有りませんのでご了承ください。買ってきた弁当・味噌汁にコーヒー沸かしたり、そんだけ。お気に入りの音楽付きで(*´ω`)まったりと そんだけでいいんです!
我々だけの貸し切りと思っていたが後から車で二組やってきました。そのうちの福島から来た家族(父母と小学二年男子)ですが、その少年が人懐っこく10分おきぐらいにやって来て話しかけてくる。少年らは焼肉とピザを焼いてるらしい、うらやましい!9時前にはテント入りし就寝。

                            つづく~





コメント6
長野・岐阜の旅/愛知~宮城編
2017-06-13-Tue  CATEGORY: クロスカブ110
長野・岐阜の旅(6日目・最終日)/愛知~宮城編

今日は夕方4時半に仙台港へ着くまで、走りも観光もなしです。ネタがないのでフェリー内の様子を紹介してお茶を濁します。(笑) 
太平洋フェリーは苫小牧~仙台~名古屋が航路。 1~4階は車輌スペース、5~7階が乗客スペースになってます。

DSC03919.jpg
ここで太平洋を眺めながら、お茶、読書、ネット、音楽鑑賞なんか楽しめます。

DSC03920.jpg
<軽食スタンド>  軽食・ソフトドリンクを販売してます。 個数限定で焼きたてメロンパンを販売してたので食べたよ~。ふわふわで美味かった!

DSC03922.jpg
<売店>  フェリー記念グッズ・名物お土産他コンビニに相当する品がそろってます。

DSC03923.jpg
<マッサージコーナー> お疲れ気味のオヤジジイは300円15分で「あ~極楽じゃ~!」
この右手にゲーセンがあるよ。


DSC03921.jpg
吊るしてある乗務員服を着て、記念写真を撮れます。

この航路恒例の姉妹船とのすれ違いタイムです。

DSC03927.jpg
DSC03928.jpg
DSC03929.jpg

昼食はバイキングにした。

DSC03925.jpg
DSC03926.jpg
小生は少食何で  1.000円也よ

とうとう下船時間となりました。

DSC03931_LI.jpg

最後にご紹介するのは、女性ライダーの、、、あ、そう言えば名前も聞いてなかった!(笑)
名古屋から一緒に乗船した<カワサキ 250TR>の女の子。仙台で下りて福島の友人に会いに行くという。そうですね~、夏帆さんと仲 里依紗さんを足して2で割った様な、元気で明るい娘でしたねぇ。自分の後から下船してきたので、フェリーをバックに彼女の携帯で記念写真を撮ってあげました。

DSC03930_LI.jpg

DSC03933.jpg
彼女の雄姿に思わずぶれてしまう。 「気をつけて~!!」と別れ帰宅へ。お天気に恵まれ 今回の旅も沢山の出会い、感動を体験しました。クロス君も頑張って走ってくれた。感謝、感謝!  この記述を最後までお付き合いいただいた方にも感謝!

                                              全走行:1.083km



コメント8
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 ”YOUさんのバイクライフ” クロスカブ+カブ90. all rights reserved.