私の人生の友<バイク>との関わりやバイク愛好家との交流
”YOUさんのバイクライフ” クロスカブ+カブ90
Rキャンプ第1弾:秋田・雁の里<2日目>
2017-04-26-Wed  CATEGORY: スーパーカブ90
Rキャンプ第1弾:秋田・雁の里<2日目>                                                                                         4月22日(土) 6時過ぎに起床。 昨夜の雨は幸い大したことなく、上がっていて路面もほとんど乾いていた。湯を沸かしコーヒーを淹れる。パンで軽い朝食です。そして撤収作業開始~。ごみも集積所があるので、分別して捨てられました。                                        DSC03660 (1)
8:40 管理人さんに許可証を返ししゅっぱ~つ!往路と同じコースを帰ります。今年は何故か、{道の駅スタンプラリー}にチャレンジしようと思い立ちましてね。その為には、スタンプブックを入手しないといけない。早々に各道の駅で聞いたところ、発売は4月の20日過ぎという回答。しかし昨日途中の道の駅で具体的な情報をゲット。それが今日が発売日との事。早速、帰路1番目にあった横手市の(十文字)に立ち寄ってみた。女性スタッフに尋ねると「今朝入荷しました。お客さんが初めてです。」  もちろん購入!200円 東北版で全153駅が記載。 全制覇は無理と確信してるが、どれだけスタンプが押せるかやってみますよ。記念すべき一発目のスタンプ!                                     DSC03661.jpg
次は(道の駅:おがち) 平安時代の女流作家 <小野小町:おののこまち>生誕地とされてます。二個目のスタンプを押してから小腹がすいたので団子二本食べまして、さあ出発!と外に出たところ遭遇したのがこちら~                                  DSC03662.jpg
DSC03663.jpg
”かわゆすなあ!” (しょこたん風に)          鬼首道路は風が冷たくて昨日より寒かった。                            DSC03665.jpg
 更に宮城入りして(岩出山:いわでやま)にある[あ・ら・伊達な道の駅]に立ち寄る。岩出山は青春期に伊達政宗公が過ごした地。また岩出山納豆が有名で、スタンプ押して<かき揚げ納豆そば>をいただく。                                                   DSC03666.jpg
DSC03667.jpg

 
次回またキャンプの機会があれば出かけたいと思います。
スポンサーサイト
コメント0
Rキャンプ第1弾:秋田・雁の里
2017-04-25-Tue  CATEGORY: スーパーカブ90
Rキャンプ第1弾:秋田・雁の里

(まえがき)                                                          とにかく野営実践練習を行うべく2~3キャンプ場を検索してみたが、東北はまだ開いてなかった。更に探すとあった!昨年の11月にバンガロー泊したキャンプ場が今月から稼働していた。「かまくら」で有名な秋田県横手市の隣町(美郷町)にあり、距離は約150キロ程度だ。ここに決定ですな。今回は荷物が多いので現状クロス君では無理なんで(積載改良必要) 、大容量のボックスのカブ君にした。昨年は1度も旅してなかったが、先月の三陸一泊旅と今回と大活躍だ。                                                              4月21日(金)                                              DSC03631 (1)
何とか積み込んだがかなりの荷物です。 ツアラー感120%!(笑) 朝9時30分しゅっぱ~つ!!  登りのキツイ(花山峠)を避け、少し遠回りになるが比較的緩い(鬼首道路)を選んだ。寒くはないが(鬼首)はこの残雪だ。  
                                               DSC03636 (1)
DSC03634 (1)
DSC03633 (1)
DSC03632 (1)
快調に鬼首峠を越えたカブ君は秋田県入り、昼過ぎに丁度いいラーメン屋さんを見つけて昼食にする。550円なりよ。                                             DSC03638 (1)
DSC03639 (1)
湯沢市から国道13号を北上、横手市を過ぎた辺りで大型スーパーにたちより食料調達。(14:30) 隣接するガソリンスタンドで満タン。3.1リッター<ハイオク>  47㎞/L 燃費悪し~仕方ないか。 (15:00) ほどなくしてキャンプ場とおちゃこ。ここは山でも海でもなく郊外の公園風の場所で、平坦な芝生で初心者でも安心。                                          DSC03641 (1)
DSC03640 (1)
早速、管理棟で受付をするよ。1泊1張:510円(安っう!) 特に区画されてないのよね。ただオートキャンプ用の場所は決まっているので、そこを除いて好きなところにと言われましたよ。現時点ではテントは自分のみ。バンガローに1組予約有りなんでそこから離れようかな。作業員の方が地面の枯れ葉をブロアーで掃除中で、枯れた芝草も舞ってるんで風上に移動。炊事場の近くに設営する事にしたよ。 いよいよ緊張の初張です。一度、家の中ではやってみましたが、当然本格的にペグ打ちまでやってませんからね。そうそう、テントの紹介がまだでした。[Coleman:コールマン・ツーリングドームST] 13,126円 Youtube動画で商品説明や設営の仕方を見てきめました。価格も手頃、コンパクト、前室もあるのでね。1畳分位の広さで充分ですね。夢中で途中の写真は無し。何とか30~40分ぐらいで我が家の完成!                                       DSC03645.jpg
DSC03643 (1)
ここで飲もうと我慢してきたコーヒーを淹れて飲む。う~ん、格別!!                                  DSC03650 (1)
DSC03651 (1)
旅の直前に買ったチェアー持って来て良かった!かさばるし迷ったんですよね。980円の割にしっかりした作りですよ。さあ、夕飯前に温泉だべ!隣接する{湯とぴあ雁の里温泉}へ~。                               DSC03646 (1)
DSC03647 (1)
DSC03648 (1)
DSC03649 (1)
こちらも安い!入浴料400円  ほんとユートピアや~。 それから裏手にある(西沼)へ~                                     DSC03653 (1)
DSC03655 (1)
DSC03657 (1)
夕食にするか~ ちらし寿司とねぎ味噌汁です。調理しませんが、何か!? 車で来た若者2人組がテント張りましたねぇ。バンガローでは5~6人がわいわいバーベキューをやりだしたね。日暮れが近い、小便も近い。                                     DSC03658 (1)
DSC03659 (1)
日が落ちたら一人はやることがない!酒も飲めない!ウオークマンで音楽を聴いてる~。うー、寝てしまった。9時だ~!意外と寝たな。車につけてる7インチワンセグナビを持ってきたのだよ。確か内蔵バッテリーで2時間使えるはずだ。秋田の放送局をスキャン。何とか映るぞ~ なんたら映っちゃたみたいなUFO特番だ。すきなのよね~。しか~し!10数分でバッテリー切れ。こんにゃろ~!!でもだいじょぶだ~!!留守録してますよ。パラパラというテントを打つ雨音で目が覚める。深夜2時だ。大した雨ではないようだが時折パラパラと音を立てる。    2日目へつづく~                                                      
コメント8
冬の三陸一泊旅 part2
2017-03-31-Fri  CATEGORY: スーパーカブ90
冬の三陸一泊旅 part2                                                                                                                                   3月25日(土) 8:00 ホテルを出立。昨日と同様に国道45号を戻るが、ガソリン計の針はレッドゾーンに。釜石市内で補給しないまま走っていたが、ガススタンドがなかなか無い!ハラハラしながら進んでいたが、大船渡市に入りやっとこさ発見した! 8:40 満タン                                                          9:00 昨日も立ち寄った(道の駅:さんりく)でいっぷく!                                            DSC03515.jpg
無料休憩所でこんなものをみつけた。
                                      DSC03516.jpg
スーパーカブのガチャガチャ。6種類のバージョン、1個 300円  すかさず買おうとしたがコイン投入口にテープ止めが。なんで~!? よく見たら中は空っぽだ。う~ん、残念! 国道を逸れ半島の方へ~ 
10:00 [碁石海岸] とおちゃこ。ここはね~来たことがあるかないか記憶にない。初めてかも!?
                                           DSC03529.jpg
大船渡市は歌手の新沼謙治さんの故郷なんで、自分も好きな曲「おもいで岬」の歌碑がありましたね。                                                 DSC03536.jpg
まだ出来て間もないのか、綺麗なキャンプ場もありましたね。                                                 DSC03530.jpg
DSC03531.jpg
DSC03532.jpg
DSC03533.jpg
松林を抜けて海側へ。                                   DSC03521.jpg
DSC03520.jpg
カワイイ灯台ですなぁ。そこからこんな景色が。                                            DSC03518.jpg
 カブ君で下りられる磯辺へ。                                  DSC03528.jpg
碁石海岸」の名の由来、黒くて丸い石だらけ。碁石よりは大きめですがね。                                      DSC03526.jpg
DSC03524.jpg
DSC03525.jpg
岩に打ち寄せる波の音  砕けるしぶき  なんかいいですねぇ。  15時前には帰宅    [本日走行:174km}
往復350km弱、日帰りでも可能な距離ですが、のんびりと見てまわるのがカブの旅。次はどこへ~
                                     
コメント4
冬の三陸一泊旅
2017-03-29-Wed  CATEGORY: スーパーカブ90
冬の三陸一泊旅                                                                                                                                                       「まえがき」 二日間の休みはとってあったんですが、一泊旅か日帰りか家でバイクいじりか直前まで未定。そこへ妹様からホテルの3.000円割引券をゲット!これで一泊旅決定! 東北はまだまだ冬、秋田・山形・福島は除外し岩手県でも雪のないであろう太平洋沿岸を選ぶ。今回はまだ冬装備のカブ90とGO!
                                                                                   3月24日(金)  母親をデイサービスの送迎に預けてからの出発で9時30分になったが、今日は200キロ足らずの行程なので余裕はあるさ。
                                DSC03457.jpg
1時間ほど走り早くもお決まりの[道の駅:林林館]にて抹茶ラテ一服。前日にオイル交換したのですこぶる快調にカブ君ははしる~!                                     DSC03458.jpg
 それより一気に気仙沼市へ侵攻し、正午にお気に入りの
[K-port] に立ち寄る。                                                   DSC03460.jpg
何度か紹介してますが、俳優の渡辺謙さんがオーナーです。ランチタイムなので、ピザ・サラダ・珈琲のセットをオーダー。
                             DSC03461.jpg
トイレには謙さん出演の米国版ゴジラが。                                   DSC03463.jpg
「海のパイナップル」とも云われる‘ホヤ‘って知ってますよね、それをゆるキャラにしたのが「ホヤぼ~や」ですが認知度が(笑)  この後はR45を走り[陸前高田市]に侵攻。震災前は[高田松原]という綺麗な海岸線が続いていたが津波で壊滅。                                     DSC03540.jpg
以前には立ち寄った大型で人気のあった道の駅も今は無残な姿。                                   DSC03465.jpg
14:20 山あいの道の駅「さんりく」で休憩。宮城スタート時は7℃あったが、岩手に入り4~5℃に低下ウェアも冬支度だが空はどんよりここまで結構寒い!                                                           DSC03466.jpg
DSC03468.jpg
この後、私とカブ君を予想だにしない自然の猛威が襲うのであった! 更にR45を釜石市へ向かって走るが峠道、前方の空が真っ白だ。猛烈な雪が降ってきた~!気温表示は2℃だ~! 積雪はないが路面はジャブジャブ 、大型ダンプの後ろなんで
泥水シャワーを浴びながら峠を越えると釜石市街は路面もドライで晴れていた。本日の観光メインである物が見えてきた。おお、麗しき後姿!
                                      DSC03469.jpgDSC03470.jpg

15:20 {釜石大観音} にとおちゃこ。数十年ぶりですねぇ。                                       DSC03471.jpg
DSC03474.jpg
入口で拝観料500円を上納し、エスカレーターで登る。                                       DSC03476.jpg
DSC03483.jpg
まあまあ高いとこですよ。交通安全祈願をします。それから、仏舎利塔の中を拝謁する。                          DSC03484.jpg
DSC03486.jpg
中には様々な仏像が展示してますが、ビデオ撮影に夢中で写真は少な目でした。観音様は色っぽい!?                      DSC03489.jpg
DSC03500.jpg
DSC03502.jpg
DSC03501.jpg
 外回りの風景撮りましたよ。                              DSC03495.jpg
DSC03479.jpg
DSC03481.jpg
DSC03496.jpg
DSC03490.jpg
DSC03491.jpg
DSC03498.jpg
DSC03497.jpg
観音様の魚を抱いてる腕が見えるのですが、その上に穴があります。そこまで登るのですよ~!                                         DSC03499.jpg
こちらが観音様の中に入る{胎内めぐり}と称する入口ですよ。らせん状の狭い階段をひたすら上る。                                   DSC03503.jpg
DSC03504.jpg
わしにはキツイって!  観音様自体は48.5メートルだが展望台は海抜120メートルらしいです。狭い穴をくぐって金網フェンスで囲った狭い場所へ出てみる。                                       DSC03505.jpg
DSC03506.jpg
DSC03510.jpg
高いですよ~。 いい眺め、見上げると観音様の顔が!                               DSC03509_201703291547380cb.jpg
 帰りに100円で参拝記念証がもらえるというのでお頼みする。ペラペラのコピー用紙だろうなと思ってたら、なかなかの厚手の証にありがたやー。 
                            DSC03543.jpg
駐車場までの帰り道は歩いて下るシステムですな。16時を過ぎたのでホテルへ向かうが、途中でイオン釜石で夕食その他を調達です。                           DSC03514.jpg
DSC03513.jpg
DSC03511.jpg
 吉牛があったので牛丼とけんちん汁にしたよ。ホテルにチェックイン! 通常価格7.300円であるが3.000円割引で、4.300円(朝食付き)なりよ。早速、大浴場であったまりのんびりとした夜は更け行くのである。 本日走行170km                     続きはまた後日改めて。               
コメント6
館ヶ森(岩手県藤沢町)へ走る~!の巻
2016-10-19-Wed  CATEGORY: スーパーカブ90
館ヶ森(岩手県藤沢町)へ走る~!の巻                                           10月16日(日)昨日、獅子舞の厄払いを受けたオジン二人は私の久々日曜休みを利用して岩手県へ侵攻! と言っても今連日話題のオリンピックボート会場問題の宮城県登米市から北へ20kmほどで県境を越えすぐの町でありまする。                   DSC02549_20161019202821ffd.jpg
館ヶ森]は過去の記述で何度か紹介してますが、今回は同地域にある[まさぼう湖/相川ダム]でランチとコーヒーツーが目的であります。自分は本日クロス君からカブ君に相棒を替え、ワシさんはタウンメイト80と二台で疾走!?                                    DSC02550.jpg
今日も楽しいハプニングがありましたよ~!いつも立ち寄る道の駅で休んでいるとバイク集団がやって来た!偶然にもワシさんの知り合いでしばらくバイク談義に花が咲き楽しかったですねぇ!それではちらっとご紹介しましょう。                   DSC02523_20161019202148aa7.jpg
DSC02526_20161019202145d3f.jpg
DSC02527_20161019202144b64.jpg
DSC02524_201610192021477c3.jpg
DSC02525.jpg
(さすがに私もこの年代は未知~間違ってたら指摘して下さい。)ホンダ CL72 250cc かなり綺麗なマシンで迫力ありますね~ メインキーが右側サイドカバー後方なんて、はじめて見た!旧車は右側前のタンク下辺りが多いんだけど。マフラーは左側に二本、スクランブラーというの!?                     DSC02532_20161019202349477.jpg
DSC02533_20161019202532591.jpg
DSC02534_20161019202531f3d.jpg
DSC02535.jpg
次に ヤマハ ベンチャーロイヤル1300 です。逆輸入車だそうです。凄いインパネですねぇ!やたらスイッチが並んでいるし、オーディオはカセットテープステレオですぞ!時代を感じさせますね~! このマシンの後ろに写っている白髪の御老公(80歳)が次に紹介する BMW R1100RS側車のオーナーですぞ!(俺もこの歳まで乗れるかな!?脱帽です)                   DSC02528_2016101920235441e.jpg
DSC02530_20161019202351859.jpg
DSC02529_20161019202352c2a.jpg
DSC02531_201610192023505ef.jpg
EMLという全天候型サイドカーで二人乗りですねぇ。ということはマシンに二人の合計4名乗車可能です。タイヤは軽自動車の14インチで定番のアールズフォークでーす!皆さんと分かれて一気に目的地へと走ります。途中の峠道は少しばかりキツい登りもありまして、二速までシフトダウンし30~40kmでトコトコ(実際はガーガー)登っていきます。相川ダムの人造湖/まさぼう湖畔にある東屋に陣取ります。ここはあまり知られていないのか、日曜日なのに時折地元車が通るくらいで実に静かで落ち着けました。                  DSC02539_201610192030404f4.jpg
DSC02540_20161019203039b05.jpg
DSC02542.jpg
DSC02536_20161019202528bc9.jpg
途中のコンビニで買った いなり寿司と納豆巻き 質素で安上がりのランチですねぇ。いいんです!おかずは他に贅沢な秋晴れの青空と湖の風景!                  DSC02544_20161019202824f2e.jpg
DSC02545_20161019202822410.jpg
昼食後はワシさん持参のガスストーブでお湯沸かし~の、ドリップコーヒーを煎れ~の音楽を聞き~のとしばしまったりとした時を過ごす。                   DSC02543_20161019202825d1d.jpg
DSC02537_20161019202527180.jpg
帰路は近道なのでちょっとばかり林道を走ってみましたよ!楽しい1日でした!                        DSC02547_20161019203037bac.jpg
そのワシさんは本日(10月19日)タウンメイトでキャンプツーに出撃しております。今日は福島県会津方面で明日は新潟辺りの予定で、明後日は私と山形県の温泉宿で合流予定ですぞ!天候具合ではもう一泊を秋田県に宿泊予定。7月以降はロングツーを行けてない私は、おそらく今年最後になるであろう旅に今や遅しと気合いをいれ準備中です。また報告をいたします。
コメント6
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


Copyright © 2017 ”YOUさんのバイクライフ” クロスカブ+カブ90. all rights reserved.