私の人生の友<バイク>との関わりやバイク愛好家との交流
”YOUさんのバイクライフ” クロスカブ+カブ90
Rキャンプ第2弾:秋田小安峡/とことん山 ②
2017-06-28-Wed  CATEGORY: クロスカブ110
Rキャンプ第2弾:秋田小安峡/とことん山 ②

6月24日(土)  

夜明けが早いですね~。4時には明るい、そんなんで5時前に起床。普段はそんな早起きしたことない!(笑)


DSC04027.jpg

腹が減ってるので湯を沸かし、夜明けのヌードル。

DSC04028.jpg

DSC04023.jpg
 
撤収を完了し、9時頃出発する。帰路は別ルートで山越えし、鳴子温泉経由で帰ることに。

DSC00637_20170627160044216.jpg

DSC00635.jpg

DSC00490.jpg

DSC04029.jpg

川原毛地獄>  この下にも駐車スペースがあるが、硫黄の臭いがすごいので上に止めた。坂道の上から撮影する。

DSC04030.jpg

草木一本生えないところだ!遊歩道があり奥へ行くと温泉があるらしいがいったことはないね。
 

DSC00613.jpg

途中で昼飯を食べ、早目に帰宅。 次のキャンプ場は何処に行こうかな?






スポンサーサイト
コメント4
Rキャンプ第2弾:秋田小安峡/とことん山
2017-06-27-Tue  CATEGORY: クロスカブ110
Rキャンプ第2弾:秋田・小安峡/とことん山



DSC03994.jpg

6月23日(金)  9:30 ワシさん宅に到着! 結局、ワシさんはセロー250ではなくタウンメイト80で行くようです。目的地の<とことん山キャンプ場>はのんびり行っても4時間ほどで行ける距離で、既に何度も行っているワシさんが案内役。途中の町で食料調達しました。

DSC03998.jpg

DSC03997.jpg

DSC03995.jpg

DSC03996.jpg

DSC03999.jpg

11:30  道の駅:路田里はなやま 

スタンプ押しは忘れませんよ! 早めの昼食はもりそばです。この先は原付バイクには厳しく険しい<花山峠>を越えて秋田県いりする。登りのキツイ場面では、2~3速を使い30~40キロでドコドコ登っていく。


DSC04014.jpg


DSC04024.jpg

13:30  キャンプ場とおちゃこ~! 慣れてるワシさんが管理棟で手続き。一人720円也よ~露天風呂代も入ってだからね!

DSC04000.jpg

DSC04001.jpg

DSC04025.jpg

早速、マイハウスを設営。それから<小安峡/おやすきょう>の散策へ。

DSC04002.jpg

DSC04003.jpg

DSC04004.jpg

長い階段を谷底へ下りてくく感じだね。やがて小川が見えてきた  見上げるほど高い岩山から滝も




DSC04005.jpg
 
遊歩道を上流へ歩いていくほど小川の流れがお湯になっているぞ!

DSC04006.jpg

DSC04008.jpg

それもそのはず、岩盤の隙間から大量の熱湯が噴出してるのだ。これが<大墳湯>なのだぁ!!一か所だけ歩道を遮るように真横にスチーム状に噴出している。”ジュワア~ゴウ~っッ”  凄い、感動した!

DSC04009.jpg

DSC04011_201706271547240d4.jpg

DSC04013.jpg
 
感動したのもつかの間、帰りは長~い登り階段をヘロヘロになって帰るオヤジジイ二人であった!(笑) 汗をかいた後は、温泉あり露天風呂へ直行する。

DSC04015.jpg

DSC04016.jpg



入ってすぐの屋内風呂はかなり熱め、その下に二つの露天がありこっちはぬるめだ。

DSC04017.jpg

それから吊り橋を渡り、バンガロー・コテージ・ツリーハウスのあるエリアへ行く。

DSC04019.jpg

DSC04020.jpg

DSC04022.jpg

DSC04021.jpg

自然豊かで鳥のさえずりや蝉の声もする。いいところだね~次はこっちも泊まってみたいね。さてそろそろ我が家に戻り夕食だね。多くのキャンパーはここでクッキング写真やらお酒乾杯やらをされますが、我々は一切有りませんのでご了承ください。買ってきた弁当・味噌汁にコーヒー沸かしたり、そんだけ。お気に入りの音楽付きで(*´ω`)まったりと そんだけでいいんです!
我々だけの貸し切りと思っていたが後から車で二組やってきました。そのうちの福島から来た家族(父母と小学二年男子)ですが、その少年が人懐っこく10分おきぐらいにやって来て話しかけてくる。少年らは焼肉とピザを焼いてるらしい、うらやましい!9時前にはテント入りし就寝。

                            つづく~





コメント6
長野・岐阜の旅/愛知~宮城編
2017-06-13-Tue  CATEGORY: クロスカブ110
長野・岐阜の旅(6日目・最終日)/愛知~宮城編

今日は夕方4時半に仙台港へ着くまで、走りも観光もなしです。ネタがないのでフェリー内の様子を紹介してお茶を濁します。(笑) 
太平洋フェリーは苫小牧~仙台~名古屋が航路。 1~4階は車輌スペース、5~7階が乗客スペースになってます。

DSC03919.jpg
ここで太平洋を眺めながら、お茶、読書、ネット、音楽鑑賞なんか楽しめます。

DSC03920.jpg
<軽食スタンド>  軽食・ソフトドリンクを販売してます。 個数限定で焼きたてメロンパンを販売してたので食べたよ~。ふわふわで美味かった!

DSC03922.jpg
<売店>  フェリー記念グッズ・名物お土産他コンビニに相当する品がそろってます。

DSC03923.jpg
<マッサージコーナー> お疲れ気味のオヤジジイは300円15分で「あ~極楽じゃ~!」
この右手にゲーセンがあるよ。


DSC03921.jpg
吊るしてある乗務員服を着て、記念写真を撮れます。

この航路恒例の姉妹船とのすれ違いタイムです。

DSC03927.jpg
DSC03928.jpg
DSC03929.jpg

昼食はバイキングにした。

DSC03925.jpg
DSC03926.jpg
小生は少食何で  1.000円也よ

とうとう下船時間となりました。

DSC03931_LI.jpg

最後にご紹介するのは、女性ライダーの、、、あ、そう言えば名前も聞いてなかった!(笑)
名古屋から一緒に乗船した<カワサキ 250TR>の女の子。仙台で下りて福島の友人に会いに行くという。そうですね~、夏帆さんと仲 里依紗さんを足して2で割った様な、元気で明るい娘でしたねぇ。自分の後から下船してきたので、フェリーをバックに彼女の携帯で記念写真を撮ってあげました。

DSC03930_LI.jpg

DSC03933.jpg
彼女の雄姿に思わずぶれてしまう。 「気をつけて~!!」と別れ帰宅へ。お天気に恵まれ 今回の旅も沢山の出会い、感動を体験しました。クロス君も頑張って走ってくれた。感謝、感謝!  この記述を最後までお付き合いいただいた方にも感謝!

                                              全走行:1.083km



コメント8
長野・岐阜の旅/岐阜~愛知編(5日目)
2017-06-11-Sun  CATEGORY: クロスカブ110
長野・岐阜の旅/岐阜~愛知編(5日目)

5月22日 早朝5時から起きだし、外へ出ると他のお仲間が。
                   DSC03885.jpg
DSC03883.jpg
DSC03884.jpg
DSC03886.jpg

ビッグマシンばかりですな。 朝食バイキングをいただて、7:30 出立~!
旅も最終段階になり、本日は名古屋港まで走りフェリーに乗らねばならぬのじゃ。
最初は以前より一度訪ねたかった<白川郷>へと向かう~。名古屋とは逆方向にR41をまっしぐら!そして走ること約40kmの飛騨市河合町にてある掲示板(標識)が目に入る~! {天生峠 通行止め}  ゲええええ~っつ!! という事は、白川郷へは行けないのである。この道が知る限り最短ルートだったんじゃが。GSがあったんで満タンに。(燃費:62.5km/l)
結果、時間の都合上諦めざるを得ない。無念じゃ~!しかしながらまた来る楽しみとしよう。来た道を戻り、高山市までもどる。
R158~R156で(郡上八幡)へと走る。。
DSC03887.jpg

途中の休憩場所で見覚えのある<カワサキw800>が止めてあった。間もなくオーナーが現る。やっぱり昨日あった氏であった。名刺をいただいて、「こちらに来る際、良かったら利用下さい」  とお誘いされたのでPRさせていただきますね。
<奥出雲多根自然博物館> 宇宙の進化と生命の歴史 /研修・ 宿泊もできる珍しい博物館みたいです。料金もリーズナブル~氏はここのマネージャーさんでした。興味のある方は検索してみてね。
11時過ぎ、<郡上八幡市>にとおちゃこ~!

DSC03888.jpg   
街中をうろつきます。小中学生がうろついております。遠足?課外授業?

                                             DSC00342.jpg
DSC03889.jpg

郡上八幡城>へと
               DSC03890.jpg

城への途中に(山内一豊と千代の像)があります。 内助の功とやらで上がる名前の妻、お千代さんの出身地なそうな。自分が記憶するのは大河ドラマで、山内一豊役が上川隆也・お千代役が仲間由紀恵さんの見ましたね。
DSC03891.jpg

城への道は細く、急でしてまるでらせん階段のように登って行きます。小中学生達は暑い中徒歩で登っています。お城は日本最古の木造再建城らしいっすよ。

DSC03892.jpg
DSC03894.jpg
DSC03893.jpg

チョット驚いたというか、いいの?と思ったのは城内に入る時土足オーケーなんですよね。他は土禁なんだけどね~。

DSC03898.jpg
DSC03899.jpg
DSC03895.jpg
DSC03896.jpg
DSC03897.jpg

さらにR156を南下、途中で昼食をとり午後二時に岐阜市に。高い山の上に小っちゃく城郭が見える。岐阜城、ロープウェイで行くみたいで寄りたかったがスルー。愛知県に入り、午後三時頃<一宮市>で満タン。(燃費:63.2km/l)  ここ辺りから市街地を抜けることになるが、交通量も信号も多くつまらんだけ。ただいつも思うが、クラッチレバー操作の不要なクロス君は楽ですね!
途中、スーパーで食料調達し午後三時半<名古屋港フェリー埠頭>についた~!! いつもながら楽しいのは、乗船前のライダーとの語らい。


DSC03902.jpg
DSC03901_LI.jpg
DSC03903.jpg

「そんなにきつく縛らないで~ん」

DSC03905_LI.jpg

定刻19時、名古屋港出航~! スタッフの見送りありがとう~!


DSC03910.jpg

”船は出てゆく、あなたは残る”
”歌は流れるあなたの胸に 川は流れる橋の下”  なんのこっちゃ(笑)


DSC03909.jpg

DSC03907_LI.jpg

DSC03908.jpg
DSC03916.jpg

夕暮れ時、旅も終わるかとなると何となくもの寂しい気持ちになるね。

DSC03917.jpg
DSC03918.jpg

ツインルームに一人でも追加料金はありませんよ。 あとはもうのんびりと過ごします。売店行ったり、ラウンジでお茶したりと。                本日走行:250km












                                                   
コメント4
長野・岐阜の旅/長野~岐阜編
2017-06-08-Thu  CATEGORY: クロスカブ110
長野・岐阜の旅/長野~岐阜編

5月21日(日)~4日目~
6:50 ホテル出立~! R254で松本市へ走る。三才山トンネルは有料道路、原付は50円。
           DSC03836.jpg
9:00 松本城にとおちゃこ。昨日の上田城に続き、城見物です。こちらも山登りしないで楽に天守閣にアクセスできまする。
                         DSC03838.jpg
DSC03842.jpg
庭園がキレイに整備されてる  帰りそびれたのか? 一羽だけ白鳥が
           DSC03840.jpg
松本城 かっこいいわ~!! 姫路城は白鷺城、会津若松城が鶴ヶ城、松本城は別名(烏城)と呼ばれるとのことです。
DSC03843.jpg
DSC03844.jpg
それでは、いざ入城! おっ!門前に忍者が!! 写真をお願いすると、ポーズをとってくれた。お礼を申し上げて中へ。                                               DSC03845.jpg
DSC03846.jpg
次に武将が登場! こちらもポーズをいただいた。楽しませて頂いてお役目ご苦労様です。ここも外人さんが多く、サムライ、ニンジャは大人気!記念撮影をしておりました。
610円を上納し、ここでも靴を脱いで手渡されたビニル袋に入れて城内へ。
                 DSC03847.jpg
DSC03854.jpg
DSC03848.jpg
DSC03849.jpg
階段はかなり急でして、下りは怖いよ。
DSC03850.jpg
DSC03852.jpg
DSC03851.jpg
DSC03853.jpg
                                               
 駐車場に戻ると、カブ集団(言っても3台)がやって来た!  
   DSC03855.jpg
DSC03856.jpg
 クロスカブの前身、タイガーカブ110    見えにくいが、向こう側に カブ110  
私のクロス君を見て  「タイヤ、ミシュランですね」  「ショック、SSTですか」 などカブ主はしっかり見てますな(笑)
    

9:40 上田城同様、今回の楽しみで宿泊地でもある「飛騨高山」へと向かう。 結構暑くなってきた!ライディングパンツはメッシュだが、ジャンパーは普通物なんで中のシャツを1枚脱ぐ。ルートとしては185号を行けば近道だが、地図ではかなりクネクネ。安房峠は自動車専用道、平湯峠も越えねばならない。遠回りになるが、安全策をとってR19を木曽まで下りそこからR361で高山市入りします。 
DSC03858.jpg
1時間ほどして小腹が空いたのでマックに立ち寄る。 塩尻市を通過し、11:30 <奈良井宿>にとおちゃこ~! 10年前にセロー225で来て以来、二度目の訪問だなあ。 暑い中散策しましたよ~  
                 
DSC03862.jpg

DSC03863.jpg
DSC03864.jpg
DSC03865.jpg
DSC03869.jpg

DSC03866.jpg
DSC03867.jpg
DSC03868.jpg
<松屋> さんにてクリームあんみつ&アイスコーヒーをいただく。 ウメ~っ!! テレビロケで美川憲一とはるな愛が来店したとか。怪しげな二人(笑) ≺/span>  
13時頃 R361に乗る。 
DSC03870.jpg
(開田高原)  御嶽山のすぐ麓になるのかな、凄く走って気持ち良い道ですね。
DSC00226_20170608163739637.jpg
DSC00129.jpg
DSC00181.jpg
DSC00248.jpg
DSC00261.jpg
DSC03873.jpg
14:00 道の駅  いっぷく!
DSC03874.jpg
DSC03875.jpg

15:00 高山市  とおちゃこ~!

DSC00342.jpg
DSC00347.jpg
日曜日のこともあって観光客多し! 外人さん、特に漢字早口の民が多いこと。隅っこにクロス君を休ませて、徒歩散策。

DSC03876.jpg
DSC03877.jpg
DSC03879.jpg
DSC03878.jpg
高山の綺麗どころも!  巻き寿司で腹ごしらえ。
DSC03880.jpg
まだまだ素敵な所がありましたが紹介しきれない。また来てみたい場所であります。
16:30 ホテル到着! 今回も妹様からもらった3千円割引券があり、予約していた。それも今回で最後~妹様はホテルをやめ他の職種に転職したのだ。 明日も楽しみにしてる(白川郷)見物を予定しておるが、思わぬ落とし穴が待ち受けてることを知るはずもなかったのじゃあ!

DSC03882.jpg

                         本日走行:200km
                                   

                                              
                                  
                          
コメント6
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 ”YOUさんのバイクライフ” クロスカブ+カブ90. all rights reserved.