私の人生の友<バイク>との関わりやバイク愛好家との交流
”YOUさんのバイクライフ” クロスカブ+カブ90
猛暑の秋田ツーリング
2015-07-31-Fri  CATEGORY: スーパーカブ90
”猛暑の秋田・一泊二日改装宿調査旅”                                                <前書き>10年ほど前にガイドブックで知り、以来秋田での宿として利用している格安温泉施設が今年4月に新宿泊棟が完成。秋頃に予定してるワシさんとの青森県津軽方面ツーリングの途中宿泊地となって、事前調査が主目的の旅であります。(勝手に私が行きたいだけ)旅の相棒選びに少々悩む。タウンメイト君は「最近は仕事ばかりでたまには旅に連れてって」と言ってるようですが、夏の暑さに弱くギヤが入りにくくなるから留守番。クロスカブ君はロンツー行ったし、結果~カブ90君に決まり! 目的地は秋田県三種町にある[森岳温泉ゆうぱる]です。                          DSC02838.jpg
聞く処によると、石油の採掘中に温泉が湧き出てきたらしいですよ。[ゆうぱる]は日帰り入浴と湯治客の温泉施設で素泊まり宿泊もできます!改装以前はなんと!2.500円の格安料金でして、金欠旅の私にはバッチグー(^-^)g"" (フル!(笑)) 問題は予約と料金でして、改装したので値上げは致し方ないかの4.500円!でね、一室一名増えるごとに500円安くなるシステムでして。気になる項目があるんですよ。<当日飛込料金:3.500円>!?問い合わせましたよ!答えはコレだ! 宿泊当日の午前12時以降の予約者で空室のある場合。一泊和室に限る。当然、私はこのシステムをターゲットにする事に。当日の予約状況を尋ねると空室有り!平日だし「だいじょうぶだあ!」と志村けんのように心の中で決意したのだった!ゆうぱる については後で詳しくご紹介します。なんだかんだと長々の前書きで毎度すいません!m(__)m            いよいよスタート!           7月29日(水)       6時20分自宅を出撃~!スタート時の走行距離が7.756kmでして、走りながらメーターをチラチラ。高速道上の陸橋でキリ番に!                                DSC02715.jpg
DSC02716.jpg
途中、コンビニで買ったパンとコーヒーを開店前のスーパーにてベンチを借り軽い朝食。秋田県に入り、R108を日本海目指しひた走る!カブ君は快調だ!フロントスプロケを1丁多い16丁にし若干のハイギヤにしてあるが、法定速度60km/h~+10km程度ならクロスカブ君よりエンジン音や振動は静かなようで走りやすいとさえ思う。9時、こちら方面の定番休憩地[道の駅:鳥海郷]で一服。                    DSC02729.jpg
持参したガソリン携行缶1リッターを補給した。30分ほど休憩して走り出した。交通量も少なくいいペース、このルートは走りやすい。気温は26~7℃位で走ってる分には暑くはない。
                 DSC02726.jpg
10時過ぎには日本海に近い[由利本荘市]の街を抜けて7号線へと入り、日本海を左手に見ながら北上する。さすがに10時を過ぎると太陽も元気が増し気温が高くなるのがわかる。でも海風のおかげか、覚悟していた程でもないようですな。20キロ足らず走ったあたりに、また定番休憩地の[道の駅:岩城]が。手前から見えて来る大きい風車でわかりますよ!割とおっきな所でお風呂があります。                                   DSC02742.jpg
 DSC02834.jpg
時間は11時過ぎだがこのまま宿へ直行してはあまりにも早く着くしもったいない!秋田市内で満タン給油[137円/2.94L]し男鹿半島へハンドルを切る~。それにしても他のライダー会わないなぁ。たいがい平日でもすれ違ったり道の駅なんかで見かけてバイク談義するのもツーリングの楽しみですが。このクソ暑い中ヤッパリ好き者は私だけ?いや、そんな事はない!その内出会うさ。しばらく行くと、景色良さげな海浜公園を発見。親子で釣りとか東屋で昼寝とか皆さん各々。ヨットハーバーが、、               DSC02745.jpg
潟上市に入って昼食タイム。12時30分 ここも何度か立ち寄った事のある[道の駅:てんのう]そば屋は満員で順番待ち。仕方なく同じ店内の軽食店でミートスパゲッチョをいただいた。この先、入道崎への海岸線は素晴らしい景観のコースだが何度も走ってるので今回はパス。宿までの距離と時間配分をキカイダーのようなコンピューター頭脳で即座にはじき出し、[寒風山]を経由し八郎潟へ抜ける横断ルートを選択した!                 DSC02840.jpg
寒風山]は海抜355mほどでそんなに高くはないのですが、頂上の回転展望台からは360度の大パノラマ風景が広がりますよ!頂上を目指す道もそんなに険しくはなく、カブ君でも2速に何度か落としましたが3速でもOK。パラグライダー(パラグアイとよく間違う)も飛んでて景色を楽しみながら走れましたよ!           
DSC02754.jpg
DSC02755.jpg
DSC02761.jpg
頂上で今回初のライダー遭遇!ハーレー883(通称パパサン)に乗る熟年ライダー(年齢は聞かなかったが、ちょっと先輩かな?)地元秋田だそうな。カブ君のナンバーを見るなり、「宮城から?」初めてで、嬉しいやら驚いた!というのも、原付ナンバーは市町村登録なんで私のも○○市表示。県外へ行くと決まって、○○市ってどこ?と聞かれることがほとんどです。知ってたワケを尋ねると「娘が嫁いでるから」納得!こんなたわいない会話も旅先では楽しい。              DSC02763.jpg
DSC02765.jpg
DSC02764.jpg
去り際、お互い「気をつけて~」と挨拶を交わし、寒風山を下り始めた。ここでまたもキリ番!                DSC02767.jpg
時刻は3時ぐらいだ、いい感じ。以前に一度フォルツァで走ったとんでもなく広い水田地帯[八郎潟]干拓地を横断するR54<男鹿琴丘線>をまた走りたくて向かった。この道、北海道を思わせるような直線11キロの道でありますよ!                 DSC02772.jpg
いやあ~実に爽快!走り抜けました~。ここから目的地はすぐです。午後4時20分 [ゆうぱる] とうちゃこ!                           DSC02783.jpg
DSC02785.jpg
DSC02786.jpg
DSC02787.jpg
荷物を下ろし、館内へ。入り口には無料の靴箱があり、キーロックしたら素足で入館です。木をふんだんに使ったあったかい雰囲気ですね!チェックインを済ませいよいよ新宿泊棟へ。
              DSC02788.jpg
(肝心な部屋の写真忘れました~<_o_>動画は撮ったんですが)和室8畳、冷蔵庫、エアコン、液晶テレビ32インチ(以前は2時間100円のコイン有料)ただし、タオル・歯ブラシ等無しでトイレと洗面所は共用です。他にコインランドリー・炊事室(電子レンジ・給湯器無料)もあり新館ゆえ全てキレイでした。                     DSC02789.jpg
館のすぐ裏手に[じゅんさい沼]を見ることができますね。                 DSC02794.jpg
日帰り入浴は人気があるみたいで、いつ来ても平日、昼夜問わずに老若男女地元住民の方々がひっきりなしに訪れます。(朝7時~夜10時)大人400円は安いよね~。それで大浴場をカメラに収めたくて早朝侵入!?(大勢いる時にカメラ持ちで入ったら変態扱いされるのを避けました!)                     DSC02790.jpg
DSC02791.jpg
DSC02792.jpg
DSC02793.jpg
[温泉効能]慢性皮膚病・慢性婦人病・五十肩・冷え性・痔疾・疲労回復他とある。私、全部当てはまる!(笑)館内には食堂はありません。売店でパンやカッペロ(失礼!カップ麺)はあり。夕食は出前も部屋まで配達してくれますが、今回は来る途中のスーパーで明朝の分まで仕入れて来たので質素な物です。グルメファンの方々には申し訳ないですが、私のツーレポにはごちそうは一切出てきませんのでご了承下さい。(笑) もちろん、夕食前に温泉を堪能したことは言うまでもありませんね。(補足)私にとっては重要案件ですが!館内禁煙です!以前は部屋はオーケーでしたが、面倒ですよね~。喫煙室へ毎回いくの。いつもより今晩はタバコの本数減らない!(笑)   [本日の走行]288km                                                              <2日目>7月30日(木)                                朝食はパンとカフィ-で軽く済ませて、7時20分 カブ君と森岳温泉をあとにしました。                       DSC02833.jpg
  帰路は東へ内陸部を走り[上小阿仁村]経由でR105へと侵攻します!山あいの道を快適にカブ君と走り8:30その上小阿仁村でガソリン満タン、ついでに携行缶にも1リッター。合計2.92L(54km/l)燃費が予想外に伸びない。荷重と峠が多いからか!?[道の駅:かみこあに]で一服(^^_.。oO                  DSC02802.jpg
やはり昨日の海岸線ルートと違って内陸部は暑い!ここで予想外に助けられた品物をちょっくらご紹介します!
 
                 DSC02835.jpg
当然この暑さの中、汗をかいてベタベタになるのは百も承知!で、持参したのが、GATSBY(ギャツビー)アイスタイプ・デオドラントスプレーであります。出戻りしとらんと?いささか、似ているが違う!株式会社マンダムである。私のような年代の方々にはおなじみ。そう、チャールズ・ブロンソンのテレビCM 「ウーン、マンダム!」懐かしいですなあ~。話しが脱線した!それでなくても華麗臭、いや、加齢臭を撒き散らした上に汗臭くてはイカンと思い買ってきたのだ。首筋・胸・背中等に直接スプレーします。飛び上がるくらい冷たいですよ!同じ部位に3秒以上使用しないで下さい。と注意書きありますね。走りだすと、すんごいですよ~!冷房を真っ向から浴びてる感じで思わず「フハーッ」なんて悶絶!何回も昇天しそうになりました!スプレーする量や気温等の条件はあるでしょうが、実際この日は32℃ありましたが30分から1時間程度持続します。(男はこうありたい!!)ですから、休憩毎にスプレーして猛暑を凌ぎました。昇天したい方は一度試してみては!?(350円くらいでした) また長い話しになり、先を急がねば! このR105を[角館]へと侵攻中ですが、約80キロ程あります。何度も走っているし幹線道路はこの一本なので迷いません。ほとんど信号はなく途中には大覚野高原(大覚野峠)があり山深いアップダウンのワインディングそして田沢湖の西側を通り抜けて行きます。カブ君にとっては走りがいありますね~。トンネルに差し掛かると何やら人影が!?二人が手に棒状の物を持ち大きく振りながら私とカブ君を制止しようとする。工事のガードマンか??いや、お巡りさんだ!<え~何かした?してないよね~無実だぁ!>停止すると近づいて来て「この先で事故があり二台の車が道路をふさいでますので迂回して下さい。」だよね~良かった。地図を見せると親切に優しく教えていただき迂回成功!ハイペースで走り抜け、10時半前に角館とうちゃこ!歌手の藤あやこさんの出身地ですよね。 立ち寄る場所は毎度決まっております。武家屋敷通り近くのカフェ[SAKURAMARU]です。つい先ほど営業開始したようでお客は私だけでありますね。何度も来てますが、今回はブログ写真を掲載するにあたり、店の方に初めて声をかけました。快く承諾をいただき更に「手書きのメニューやイラストも私が書いたので是非写真撮って下さい!」とアピールされたのでバシバシ撮りましたよ!                DSC02811_20150731222931814.jpg
DSC02818.jpg
DSC02814.jpg
DSC02810.jpg
DSC02812.jpg
DSC02815.jpg
DSC02813.jpg
私はいつも外のデッキ席です。小腹が空いたので、アイスコーヒーとチーズベーコントーストをいただいた!                         DSC02820.jpg
     またきますね~ 近くでお土産を買い、角館を出発!R13を南下し、大仙市~横手市へ このあたりはさすがに暑い~!カブ君のタフさに改めて感心した!湯沢市の手間で左折し県道108へ、そしてまた国道398を進みまたも山あいの道を登って行く。秋田と宮城県境の手前[小安峡]にて昼食にした。
                DSC02831.jpg
この後、暑さと疲労のせいか睡魔に襲われ、休憩しソフトクリームを食べたり体にスプレーしつつなんとか午後4時前生還致しました!  [本日の走行:281km] [全走行距離] 569km [ガソリン/平均燃費] 9.58L/56.7km/L                                             
スポンサーサイト
コメント4
ごあいさつ
2015-07-30-Thu  CATEGORY: ひとり言
”暑中お見舞い申し上げます!”                                                                                           皆様、夏バテしてないですか!?こんな私のブログでも訪問いただき、さらにコメント・拍手等までいただけて感謝致します!梅雨明け後連日猛暑でバイク乗りも大変ですね!そんな中、こともあろうに一泊ロンツーを敢行し先程生還致しました!詳しくは後日アップしようと思います。お暇な方は冷やかしに見てくださいませ~。お身体、くれぐれもお大事に夏を乗り切りましょう!                 DSC01305.jpg
コメント6
バイクに乗ったヒーロー
2015-07-27-Mon  CATEGORY: バイクに乗ったヒーロー達
”バイクに乗ったヒーロー達 第5弾!”                     ワイルド7                                変身するヒーローだけがヒーローではない!(そちらへ行ったか(笑))                 e0a8376cda9ee11618f98a3085f69f94.jpg
20100212195725ef9.jpg
img_0.jpg
1972年~1973年放送/悪人ばかり7人の連中をスカウトした警察の特別チームがワイルドセブン。超法規的存在として、悪人を問答無用で裁く<殺人ok>バイクにまたがり7人が出動して大暴れする。日本警察ではありえない設定。最近、瑛太さん主演でリメイクされ期待してDVDを拝見。特にコメントしません(|||_|||)   使用されたマシンが スズキ GT750 でありました。                  suzuki-gt750a.jpg
b0076232_6571760.jpg
1971年発売/水冷2スト3気筒/ピストンバルブ/分離給油/67ps/5速/セルキック/フロントブレーキ:2リーディングドラム式     最初に見た時は、水冷のバイク!なんてびっくりこきましたよ。車体も凄くデカくて、やはり車とは違いラジエターがむき出しでカッコイい!マフラーは見た目は左右二本ずつ出てますが、3気筒なので真ん中を二本に振り分けトルクアップを計っているようです。スピードとタコメーターの間に水温計が。                imgb211af75zikczj.jpeg
machine_b.jpg
真ん中にある赤いランプは速度警告灯で80km/hを越すと点灯します。この頃は他車にも付いてることが多かったね~。スズキさんは当時、軽自動車のフロンテ(360cc)2スト3気筒を販売していたので自信があったのでしょうかね。(各方面より写真お借りしました。なにとぞご了承下さい(゜)(。。)ペコッ)     続くかな~?
コメント6
梅雨明け
2015-07-26-Sun  CATEGORY: ひとり言
”南東北地方が梅雨明けしたとみられる。と                             いう天気予報。”        みられる? した。と宣言すると後々困るから逃げ場を作ってるんでしょうね!そもそも、南東北地方ってどの県を指してるかがわからん。まあ、宮城県は梅雨明けしたみたいだということですよ。ほんと今日は蒸し暑かった!仕事はカブ90君で走り回りましたが、右足が熱くて!以前、つま先鉄芯入りの安全靴を履いたことがありましたが大失敗!エンジンからの熱が鉄芯に伝わってきて、ジンジン足の指先が痛くなった!それ以来履きません。        DSC02660.jpg
コメント2
私のバイクライフ17台目
2015-07-26-Sun  CATEGORY: 過去の愛人達
"私のバイクライフ17台目!"                         スーパーカブ110PRO (2010年新車購入)                                         2005年フォルツァ250新車購入とスーパーカブ90中古交換入手・2008年ジェベル250中古購入し3台持ちで過ごしてきた。ツーリングにはフォルツァとジェベルから選択する事に(この時点でカブ90は仕事用)なるのですが、やはり走って面白い、楽しいジェベルを選んでしまいます。確かにフォルツァは静かで楽チンでしたがやはり刺激が足りない!?結果、ジェベル1台でいいかあとなり、購入より約四年の2009年に売却した。翌年の2010年3月、5年ほど付き合ったカブ90を廃車しカブproを新車購入した!              DSC00149_1.jpg
スーパーカブ110PRO/(JA07):空冷4ストSOHC単気筒/109cc/8.2ps/電子燃料噴射(PGM-FI)4速/配達用の一人乗り設計・フロントキャリアに大型バスケット・ヘッドライトとFウィンカーをFバスケット前面に/前後14インチタイヤ/価格:289.800円                DSC00263.jpg
DSC00138.jpg
このバイクにはかなりの期待を寄せて購入しました!何よりも配達業とツーリングのどちらもこなせる。110ccの排気量、色々付けられるパイプハンドル、フロントのテレスコサス等々。丸目カブ110も2009年より販売開始して、今は中古相場も高いようです。「最後の日本製カブ」なんてふれこみで。確かに熊本製作所で組み立ててましたが、パーツの60%はタイからの輸入パーツとのことですよ~。スーパーカブ90から乗り換えですから、パワーとスムーズな感じが第一印象でした。サスペンションは歴然で、フロントのテレスコと専用リヤサスでかなり良くなってました。しかぁ~し!このバイク、1万キロ走るか走らないかのうちにエンジンから異常音がしだした!ジャラジャラ時にはカタカタ、常時ではない。この頃、私の田舎町でも郵便局が徐々に配達バイクを110に替えてきた時期でした。このあたりからですよ、不具合、リコールが発生し始まったのは!それと、やはりタイヤサイズが14インチなので減りが早く(私の走り方で3.000km)余り使用してないサイズで高いです。排気量がおっきくなったのに、ドライブチェーンは細く(50のを流用?)すぐ伸びた。基本的にはいいのに、期待が大きかったから余計そう感じましたね。ロングツーも行きましたが、ライポジも疲れないし4速で余裕あるし(坂は登らない)印象は良かったんで。          ゆうぱる_1
                     もすこし続くんだな~
コメント2
ワシさん、来たる
2015-07-25-Sat  CATEGORY: ひとり言
”久々にワシさん来たる。”                     午前中に仕事を終えて、午後はバッテリー上がり防止にクロスカブ君をお散歩に連れ出した。帰りにいつものバイク屋さんに立ち寄り、よもやま話し。帰ろうとすると久々ワシさんより電話があり、これから我が家を訪問するとの事。20分ほどでセロー到着。何やらエンジン左脇に黒い棒が付いている。                      DSC02707.jpg
パワービーム]といって、エンジンからのバイブレーションを緩和するシロモノらしい。効果アリと申しておりました。ちなみに、お値段を尋ねると3万円近くしたそうな。私とは違い、リッチなワシさんに感服!                           DSC02708.jpg
DSC02710.jpg
DSC02709.jpg
またツーリングに行こうと画策する、おじさん二人であった! 
コメント0
クロスカブのサイドスタンド
2015-07-24-Fri  CATEGORY: ひとり言
クロスカブサイドスタンド                                                 クロスカブ主限定ですみません。当初から感じてたのですが、サイドスタンド短くて傾き過ぎません?           DSC01827.jpg
トップケースに満杯積載した状態だと凄く不安で、実際左側が傾斜している所に止めたら倒れそうになって慌てた事があります。私の知る限りでは、クロスカブ(CC110)の前身であるタイガーカブ(CT110)は1997年頃からオーストラリアの郵便配達バイクとして使われていたらしい。右側通行の国の輸入バイクは日本で使用するとサイドスタンドが短いことになる。道路の傾斜の問題で、右側通行はスタンドが道のセンター側に左側通行はスタンドが低い側溝側だからですね。何故かクロスカブに受け継いでるのか?事実、右側にもサイドスタンド取り付け穴がある。そして社外品で右サイドスタンドも販売してる。おかしいでしょう!責任者出てこ~い!!(昔上方漫才にあったな(笑))   他のオーナーさんどうしてるんだろ~?溶接で継ぎ足し?ゲタのような物はかせる?見たところ、3~4cmは上げたいなぁ。                  
コメント4
仮面ライダー
2015-07-24-Fri  CATEGORY: バイクに乗ったヒーロー達
”バイクに乗ったヒーロー達 第4弾!”                     仮面ライダー                                  私の中ではナンバー1ですね。やはり本郷猛<藤岡弘さん>の仮面ライダー1号!                  c0198263_20534120.jpg
t02200283_0566072911048918175.jpg
1971年~1973年放送 とにかくカッコ良かった!内容は皆さんご存知なので省略。見てたのはせいぜい3号までですかね~。今のは全く見る気なし。やたらCG映像で訳のわかんない若い役者(ファンの方いたらすいません!)で魅力を感じない。仮面ライダーが乗る、サイクロン号の原型モデルは変身前、本郷猛が乗る時とジャンプシーンはホンダSL350のようです。変身後のバイクは[スズキ T20]との事です。1965年発売/空冷2スト2気筒247cc/25ps アルミ製シリンダーで市販車で初潤滑油分離供給方式(当時は混合給油が主だった)・6速ミッションを装備していた!当時価格:187.000円   写真お借りしました。m(__)m                         img_7.jpg
ん~、早くもネタが、、、つづくのか?              
コメント0
バイクライフ16台目
2015-07-23-Thu  CATEGORY: 過去の愛人達
”私のバイクライフ16台目”                          スズキ ジェベル250XC                                    えっ?15台目がとんでる!それにお気づきの方に大感激!この拙い記述を良く読んでいただいているということになりますのでm(__)m  実はフォルツァ250を新車購入した2005年、下取りに出した[セロー225]を約1年後に買い戻しました!(バイク屋さんに売れずにあった/ここの主人は前に述べたように商売っ気がなく積極的に売ろうとしない)見かねた私はセローに未練もあったし買い戻した訳でした。この頃、フォルツァとカブ90とセローで3台持ちになった。15台目セローは以前に紹介済みなので省いております。しかし、2008年にセローよりパワフルで車体の大きいロングツーリング向きな[ジェベル250XC]が欲しく(またまた登場の)ワシさんに話すとセローを欲しいという事で、お安く譲りました。(毎度前置き長くソーリーm(__)m)                  DSC00851.jpg
DSC01105.jpg
96年式で走行24.000kmの中古でしたが、思ったより程度が良かった。     油冷4ストDOHC4バルブ単気筒/249cc/30ps/CDI点火/6速ミッション/タンク容量17L  オプション/メーターバイザー・キックスターターを前オーナーが取り付け済み。とにかくセローより10psアップは凄くパワフルで同クラスのスポーツマシンにもDOHCエンジンで負けず劣らず早い!ただ、かなりうるさいという感じ。オイルクーラーで夏バテしない、17リッターの大容量で燃費も33km/l走ったので満タン500kmも可能。大型ヘッドライト明るかった。デジタルメーターはアナログ時代の私は好きじゃなかったが、トリップメーター2つに時計もついて便利でしたね。                  DSC01618.jpg
DSC01109.jpg
DSC00333.jpg
ハンドルガードとリヤキャリアは標準装備だったのかは不明。ただ、この年式最大の欠点は強制開閉式のキャブレターです。ひどいのが、プッスン病!アクセルを大きく荒く開けても大丈夫だが、微妙にクイッて開けるとかなりの確率でプッスン!Uターン時は怖いよ~ 車体半分ネカセてる時にプッスンされたら持ちこたえられない!また、引っ付きが!セローでしたら、低速からでも微妙にアクセル開けても静かに加速していくが、ジェベルの場合は急にドバっと開く感じ。ネットで先人方の改良方法を勉強して、メインジェットを大きい物と交換しガスを幾分濃くしたりしてだいぶ改善はされましたが。あとは慣れですかね。後期モデルはキャブ変更されたようです。でもこのバイクでもいろんなツーリングして(セローにすっかりはまったワシさんとも)楽しかったですね~!                       DSC00413.jpg
DSC00452.jpg
DSC00587.jpg
   まだ、続くんです~
コメント2
人造人間キカイダー
2015-07-22-Wed  CATEGORY: バイクに乗ったヒーロー達
”バイクに乗ったヒーロー達 第3弾!”                                               人造人間キカイダー                                              昨日、石ノ森章太郎先生の生家を訪れたのでやはりコレですね。「ジロー、チェインジ~キカイダー♪」私の好きなベスト3に入ります。サイドカーマシンに憧れました!               b583e8fec04b43a7631e.jpg
wwwcharanetcomimagesitembigpage4074jpg.jpg
b0087512_223379.jpg
1972年~1973年放送/不完全な良心回路を持ち、善と悪の狭間で苦悩する人造人間ジローが悪の組織ダークロボットと死闘を繰り広げる!光明寺博士がダークを倒すため作った人造人間キカイダー。未完成のまま博士は拉致されます。ジローは博士の子供達と奪還へ。普段はギターを背にかけてサイドマシンに乗る。変身するとサイドマシンも変身する?                                          wwwtimeboxjpcart_imagesnormalP1200201jpg.jpg
 <写真お借りしました。m(__)m>
                f4c1d48621bc1cc504d75358dff87bcf.jpg
使用されたオートバイは[カワサキ マッハⅢ500]現在も熱心なマニアがいますね。1969年販売開始、空冷2スト3気筒/60馬力/市販車初CDI点火方式/298.000円  当時は市販車で世界最速だった!ただ前後のバランスが悪く、フロント過重が軽くウィリーしたりフレーム強度がパワーに負けて乗りこなすのが大変だった。そこから、じゃじゃ馬マッハという異名もついた。当時年上の知人が乗ってましたが、加速されると後から走ってる方は煙幕を張られたように物凄い白煙で見えなくなる程でした。     次回はやっぱりアレですかね!   さらにつづく~      
コメント4
<< 2015/07 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


Copyright © 2017 ”YOUさんのバイクライフ” クロスカブ+カブ90. all rights reserved.